偽造防止とセキュリティマネジメント技術はレベルが高く、新しいものであり、かつ複雑多様です。特に当社は正確な治療方法で病人に合わせて処方を出すようにカスタマイズ方式でお客さまにサービスしております。この分野において当社が対応する模倣及び破壊者は聡明で法律を無視し、かつどこにでも存在しています。そのため、当社は特に次世代の技術と多くの機能性、支援性技術など、技術の説明および列挙を多く保留しています。
 

 

 
認識、技術及び市場の競争力から総合的に評価してレーダーチャートで示しています。配分の根拠は下図の通りです。

 
認識の利便性 辨識工具操作難易度VS. 辨識工具取得難易度
認識の難易度  認識訓練時間の長短 VS. 認識説明の簡易性
技術の質 分野を超える広さ VS. 専門性の高さ
シミュレートされるリスク 
シミュレートされる難易度VS. シミュレートの相似度
量産の信頼性 品質の一致性の程度 VS. 量産効率
価格競争力 お客さまのために創出する付加価値の程度VS. 価格の高低