凹版印刷技術プロセス(凹版印刷によるインキの盛り上がりが30u以上)は全世界で偽造防止として100年以上使用されている歴史を持っています。世界各国の紙幣、パスポートなどに使用されている偽造防止プロセスは、伝統的なものですが、時間の試練をくぐり抜けてきたものです。特に近年ではインクに多くの光学、多層メッキフィルム及び複合素材などの技術が取り入れられ、古い技術に新たな知識が加わり、新たな製造プロセスの応用が開発されており、今日でも偽造防止の主流となっています。その認識方法は各国政府が毎年数億から更には数十億も投資して消費者へ宣伝し教育を行っていることが、偽造防止製造プロセスの大きな優位性なのです。当社は凹版印刷プロセスにおける技術の優劣を決定づけるものはインクの堆積高度の能力と、特殊インキと製造プロセスの統合の難易度であり、これらが技術力の最も重要な指標であると考えています。
 

1 2 3 4 5 6 A B C D