光学微細構造体製造プロセス(光学微細構造と略称)は偽造防止及びセキュリティマネジメント分野において主流となっているプロセスの一つです。全世界でわずか3-5社がこの開発能力もしくは潜在力を有しています。光の基本特性を利用して設計された組合せで、成人の目で容易に認識できる特殊効果はホログラムを利用した光による干渉で発生する2D、3Dのイメージとは異なるもので、偽造犯罪をより難しくします。これはまた次世代における紙幣の重要な選択の一つです。その技術的質の評価については、光学構造のサイズ及びその効率と光学機能の設計及びその運用力が最も重要な指標となります。
 

1 2