全ての偽造防止とセキュリティマネジメント製造プロセスはいずれも限度と不足する部分があります。いくつかのプロセスは価格が高すぎるか、水洗いへの耐性に弱く、100回水洗いすると紙幣からはがれてしまいます。しかし素晴らしい技術であり、また偽造防止とセキュリティマネジメントがカバーする麺は非常に広くまた複雑であり、作業環境の温度が200℃から-50℃までの可能性があり、素材は金属、プラスチック、多くの情報を隠すことができる可能性があります。多くの製品は分解されることを望まないため、機能性の製造プロセスは全体的サービスにおいて欠かせないものとなっています。

 

8 7 6 1 5 2 3 4