E-BEAMによるものが現在において解析度が最も高いデジタルホログラフィックであり、NT$数十億元の設備です。しかしそれはホログラフィデザインから発展した設備ではないため、解析度を低下させなければホログラフィ機能を実現させることはできません。その他のソフトウェアとの組合せ、操作の制限により、これは第一線の偽造防止(消費者が直接容易に認識できる)としては理想的ではありません。 
しかし、100μの網構造である200μのマイクロ文字を90°回転させると異なる画像が見られます。異なる視角によってラインの見え方やカラーブロックが段階的に変化し、伝統的な製造プロセス、もしくは中・低程度の解析度(10000dpi以下)の設備による偽造を防止することができます。 
     
  ユーロと新台湾元は異なる会社が製作していますが、E-BEAMシステムは4種類の図案が視角の左から右まで明確に切替わり、容易に識別しやすくなっていますが、大きなイノベーションやブレークスルーはありません。

鈔券全像技術雷達圖分析 - 日圓 雷射標籤