製紙の過程において、事前にデザインしたウォーターマークのイメージやテキストをメッシュに取り付けて印刷ローラーで押しつけて製作します。イメージ/テキストの高さが異なることから、パルプが形成する厚みはそれに伴う密度となります。製紙後はイメージ/テキストの部分のパルプの密度が異なることにより光の透過性も異なります。そのため光を透かして観察すると元のデザインのイメージ/テキストが見られます。しかし、印刷方式によるシミュレートのため、新たな創造性と技術の追加は無く、偽造防止効果は高くありません。

擎雷特殊製程雷達圖分析 - 浮水印